本文へ

大学院教育学研究科

大学院教育学研究科(修士課程)

福利彩票app下载3年度入学者用カリキュラムマップ

 「教育現場における課題の『発見?理解力』と『分析力』」、「教育課題解決の企画力」、「特定の分野におけ
る深化した各領域の知識?技能」及び「人や組織間をつなぐ高度なコーディネート力」を統合的に身に付けること
を目的として、カリキュラムは以下のとおり編成し、実施します。

1. 「教育現場における課題の『発見?理解力』と『分析力』」を有する専門的人材として備えるべき基盤的素養を
修得することを目的として「専攻共通科目」を設定します。
2. 自らの思考の軸となる専門分野の「教育現場における課題の『発見?理解力』と『分析力』」を修得し、これを
基盤に「教育課題解決の企画力」までつなげることができる力量を育成することを目的として「コース共通科目」を
設定します。
3. 「特定の分野における深化した各領域の知識?技能」を育成するために、自らの思考の軸となる専門領域の知識?
技能を基盤として、理論と実践を往還して分析省察するための技能を修得することを目的とし「コース?領域専門科
目」を設定します。
4.「教育課題解決の企画力」を基盤とし、「人や組織間をつなぐ高度なコーディネート力」を育成することを目的と
して、心理?教育支援コース及び国際協働教育コースにおいては「フィールド研究科目」、教育ファシリテーション
コースにおいては「プロジェクトベース科目」を設定します。
5. 1 ~ 4を通じて、自らの教育?学習支援実践における課題を設定し、専攻共通科目、コース共通科目、コース?
領域専門科目、フィールド研究科目、プロジェクトベース科目での学びと関連させながら学術的に考察し、修士論文
に結実させることを目的として「課題研究科目」を設定します。
1 ~ 5の実施については、主体的?対話的で深い学びを提供します。具体的には、講義に加えて、グループワーク、
発表、討論等の活動を取り入れます。
1 ~ 4の成績評価については、試験?レポートのほか、グループワーク、発表、討論等の活動も重視します。
5の成績評価については、調査?計画?実施?評価及び改善のサイクルを繰り返すこと、それらの過程における同僚等
とのコミュニケーションや協働を重視します。