福利彩票app下载_线上游戏官网~

图片
 
Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室

高校生向け特別プログラム「教師にまっすぐ」(第3回)をオンライン実施

 教師をめざす高校生が,志をより確かなものにするためのプログラム「教師にまっすぐ」の第3回を10月4日(日)に実施しました。今年度は福利彩票app下载の感染拡大もあり,対面形式ではなくオンラインWeb会議システムを活用し開催しました。受講生約180名は,普段接する機会のない他校の学生と協働してプログラムに挑戦し,それぞれの講座に分かれて座学だけではなく,参加型のワークやグループディスカッションを行いました。
 初めに,和田良彦副福利彩票app下载が「小学校?中学校?高等学校の授業では,生徒に知識を伝えることが特徴として挙げられます。一方,大学の授業では知識だけではなく,様々なテーマや課題を学生に提示し,答えが1つに定まらない問題と向き合っていくのが特徴です。本日は皆さんに大学の授業を体験してもらいますので,皆さんの立場ならどのように考えるのかという観点を大事にして臨んでください」と激励しました。
 英語教育部門?加賀田哲也教授の講座「これからの日本の英語教育について考えよう!」では,2020年度から導入されている小学校高学年での英語教科化を踏まえ,小学校での英語教育や,もっと英語が使える日本人を育成するためには英語教育がどのように変わっていくべきかを考えました。社会科教育部門?山田周二教授の講座「防災と防災教育を考える」では,「想定外の災害とは,どんな災害か?」「避難所とは,何を避けるところか?」といった防災に関わる問いについて意見交換を行い,防災を教えるためには何を勉強したらよいのか考えました。学校教育部門?岡田耕治特任教授の講座「子どもと学ぶ俳句作り」では,俳句作りを“楽しむ”ことから,俳句自体の魅力のみならず,国語の重要性や,教師として子どもたちに指導するために大切なことを学びました。理数情報部門?尾崎拓郎講師の講座「プログラミング教育について考えてみよう」では,実際に小学校で試行が始まっているプログラミングアプリケーションを活用してプログラミング思考の育成に取り組みました。保健体育部門?小川剛司准教授の講座「運動中の体の反応を調べよう」では,運動?スポーツに関係する「酸素を摂取する能力」について実験室で測定し,その結果を見てスポーツパフォーマンスについて考えるなど,受講生はこれら講座ごとに異なる様々な課題に向き合いました。
 参加した高校生からは,「俳句1つでも他校の色々な生徒と一緒に考えていくと,疑問点が多く出てきて奥が深い。これを機会に,普段自分が深く考えないことについても考えてみようと思った」「答えが1つに定まらない大学の講義は難しいと感じたけれど,ディスカッションでは各個人の考えを理解し,尊重することが大事だと分かった」などの感想が寄せられました。
 今回の研究から得た新たな学びと探求心をもとに,引き続き受講生たちは小論文の作成に挑戦します。

*
*

(広報室)

次の記事へ